ウイルス対策

メールの安全な活用法について

ウイルスの脅威にさらされやすい電子メール

コンピュータウイルスの感染経路として一般的なものに電子メールへの添付ファイルや、HTMLメールの閲覧による悪意のあるスクリプトの実行などがあります。 このような問題から身を守る必要があることはもちろんですが、万が一ウイルスに感染してしまった場合のことを想定しておくことはとても重要です。感染したあとアドレス帳に掲載されている知り合いに迷惑が掛からないように事前対策が打てるならとても意味があることではないでしょうか?

メールからの感染でありがちなトラブル

メールからウイルス感染した場合によくありがちなのがアドレス帳に掲載されている宛先に同様のウイルスメールを自動的に送り付けるというものがあります。このような事態に陥ったとき、他人に迷惑を掛けると同時に、自分がウイルスに感染していることが送信元アドレスから知られてしまったりといったことがあります。

安全面からメールソフトを選択する

このような問題を、完全ではないにしてもある程度回避する方法としてWEBメールを利用するという方法があります。自分のPCにインストールして使うタイプのメールソフトの場合、アドレス帳も感染したPC内に保存されていますが、WEBメールの場合、アドレス帳はWEBサービスの運営会社のサーバーで厳重に管理されており、パスワードを奪取されたり、セッションハイジャック等を行われない限りは安全にアドレス帳を守ることが出来ます。 Gmailの場合、ウイルス、スパムチェック機能も非常に優れていますし、そもそもメール経由での感染確率を下げることが期待できますので大変オススメです。 ただし、有名なサービスだけにアカウント乗っ取りなどのトラブルが多い面もありますので、二段階認証機能など、適切なセキュリティ対策を施すことでより安心して利用することが出来ると思います。

メールのセキュリティ