ウイルス対策

ウィルスだけでは無いパソコンが壊れる原因とは

ウィルスだけでは無いパソコンが壊れる原因とは

パソコンが壊れてしまう原因にはコンピューターウィルス以外に色々あります。例えばパソコンの横に置いたコップをうっかり倒してしまったとします。水やジュースがパソコンにかかると電源を付けている場合にすぐショートして壊れてしまいます。実際に私も過去にジュースをパソコンにかけてしまい、電源がつかなくなってしまったという実例を持っています。普段から気をつけているつもりでしたが、小さな子どもが側にいましたので、ちょっと目を離したすきに、上からバシャーっと掛けられてしまいました。

普段からコップをパソコンに近い場所に置かないこと

これが意外に重要なルールです。ついマグカップをパソコンのすぐ側においてしまう人も多いと思います。しかしちょっと手が当たるだけで簡単に転倒してしまうこともあるのです。必ずパソコンから遠い場所においておくようにしましょう。例えばパソコンの画面の裏なら安心ですね。お皿付きの浅いティーカップなら倒れても大丈夫だろうと思う方もおられると思いますが、カップを持ち上げて飲んでいる時に手をすべらせたら大変です。

飲み物をコップからキャップ付きのペットボトルや水筒に変える

根本的に、飲み物はキャップ付きにしておけば、万が一倒れても安心です。水筒やペットボトルそして紙パックのストローで飲めるジュースに変えるだけで、より安全に安心してパソコンを使えるようになります。

飲み物